ブログトップ

rulezpeeps / designer マロンの日々想ふコト。

greenpeeps.exblog.jp

カテゴリ:Products( 15 )

命を守る繊維。

今日は西高東低の冬型。
数日前はTシャツでOKだったここ鴨川もぐっと冷え込んできました。
初冠雪が多方面から聞こえてきましたね。
スノーシーズンもあとわずか。浮き足立ってきました。
僕は今年、ドライスーツを作ったのでテストしなくてはいけません。(立派な義務感)
それとアンバサダーのニセコに住んでいるSHINOちゃんや秋田のディーラーさん達は真冬でもスノー&サーフしています。そんな暮らしをほんの少しだけ垣間見れればいいなと思ってます。
僕の頭の中の妄想としては
パウダースノー  → 優しいポイントブレイク → 鍋かカニ おいしいお酒 → 温泉 →最高!
こんな感じですが。
でも考えれば考えるほど、ドルフィンとか無理ですから。絶対嫌です。笑
オンショアの頭オーバーとか拒絶しますから。
冬でもブーツをはくかどうかの南国もやしっ子がはたして大丈夫なんでしょうか?
度胸と根性を試されるのでしょうか。。。。。。それとも楽園を経験できるでしょうか。

b0134291_17121463.jpg


ところで、これからの季節は雪山や海に行くのもウエアのチョイスが重要ですね。
なにせ寒かったら風邪ひいちゃいます。具合悪くなっちゃいます。
先日、繊維の学者レベルの染工場の社長とお話をしました。
その方はかなりの研究をしている超絶オタク的知識の持ち主なんです。
その方の部屋(社長室)はまるで理科の実験室のような部屋でした。
そんな方が面白い目から鱗な話をしてくれました。

すでにアウトドアでは認識の高い「ウールの有用性」ですが、実は本質的な事はあまり知られていません。
「なぜ?そんなにウールがいいのか?」。。 なぜ夏でも冬でもいいのか?そんな単純で本質に迫る疑問。構造や機能はわかるけど。
超絶オタク博士にとってはそんなのなぜわからないの?ぐらいの事なんですが。
その博士は待ってましたの一言。。「そんなの当たり前ですよ。毛は皮膚の一部でヒツジは外からの菌や温度から命を守る一番最初の砦ですよ」 と。「シルクだってそうですよ。マユは蚕さんがサナギになって快適に暮らすために言ってみれば室内環境を一定に保ち、外からくる菌や湿気から守ってくれているんです。カビも生えないでしょ」。おー なるほど! そりゃそうだ。
これは例えばポリエステルやナイロンなどのいわゆる合繊では絶対にできない事なんです。
ウールやシルクのような複雑な構造は絶対にできません。

b0134291_17141074.gif


僕の尊敬する建築家、フンデルト・ヴァッサーは「洋服は第二の皮膚」といいます。「家は第三の皮膚」。
彼は衣服と住居は皮膚の一部と捉えています。
ですから非常に機能的で、有機的な事が人間にとって最もふさわしい構造だと。

b0134291_17152245.jpg

b0134291_1716577.jpg


ただ、デメリットもあります。最大のデメリットは「縮む」という事なんです。
そこから人間が手を加えるんですが、最も一般的な方法は「塩素」を使った防縮方法なんです。
これはウールのキューティクルであるスケールを取り除く加工です。
するとウールの機能は間違いなく低下します。
スマイルウールはウール自体の性能を最大限引き出す、オゾンによる防縮方法で この問題をクリアし、環境にも負荷をかけません。なんだか誇らしげです。気持ちいいです。

そんなスマイルウールですがいろいろなスタイルでリリースされています。
その中の一つ。初リリースから安定の人気のフーディー。
今季は新しく丈夫でウール分量が多くなった12ゲージシリーズが注目です。
これからの季節。雪や海水で冷えた体を「命を守る繊維」で快適に過ごしましょう。

KEEP PADDLING ! ENJOY WINTER!
[PR]
by r-peeps | 2016-10-30 16:50 | Products

シェイパーパンツ

b0134291_1171554.jpg


6時13分起床。
朝飯 パンを少々。若干サイズアップ・コシ前後で入水。

1年前にシェイパーT氏に作ったオーバーパンツ。
修理の依頼が来ました。
じっくりチェックしていると、修理箇所以外にも
お尻のステッチが切れていたり、愛着もってどのようにはき込んでいるかを知り、
愛情もって修理しようと思う。
こうして1年たってようやく見えてくる改善点と着る人の愛着。
そんな事を感じながら、クオリティー高い物を作るとなるとやっぱり
時間がかかるなぁと感じます。
その狭間で「流行」と戦い、テレビつけりゃ「デフレ」「デフレ」って連呼。
立ち上げて約7年。ようやく形が見えてきたルーピーですが、
まだまだ悩むお年頃。情報に流されずに、自分達が着たい服、着る人が満足する服。
物創りの原点を忘れず、おごらず、迷いながらやっていきたいと感じる今日この頃です。
失敬っ。

PS------みずえ縫製はアライアにて親指負傷。縫う事ができません。もうしばらくお待ち下さい。
[PR]
by r-peeps | 2009-12-25 11:41 | Products

ラインを描いてます

b0134291_14135458.jpg

今日から連日、パターンDAY。台風のうねりが届く前に終わらせなくちゃ。
サンプル用ですよ。
[PR]
by r-peeps | 2009-09-15 14:15 | Products

SIOUX

b0134291_18172525.jpg


地味〜に仕事してます。本日は。秋冬のパターン修正。ほんと地味〜です。

かわって、
鴨川の大先輩のお店「sioux」がリニュアルオープン!
とても素敵ですよ。こちらから
セージ買っちゃった。ちなみにこちらでも見れます。
[PR]
by r-peeps | 2009-07-07 18:24 | Products

soul tarp

b0134291_1352861.jpg
b0134291_1354343.jpg


再生をテーマにアメスピさんのラウンジブースを創りました。
shodai、mizue、kimu kimuの魂こめて創ったタープとデコです。
なのでソウルタープ(笑)となずけました。
RORにてデビュー。
ナイロンジャケットの古着のリサイクル。
今回は実験的な要素が多い上に大雨だったので 改善点が明確にわかりました。
皆様お疲れ様でした。
という事で愛知から帰ってきました。次はTAICO。

作成過程などこちらのkimuraの5/19 BLOGより見て下さい。デコはこの人担当。
[PR]
by r-peeps | 2009-05-18 01:44 | Products

ダダダっとね

b0134291_1823135.jpg


MIZUEがダダダっ。僕はアイロン スリスリ。 タマはブーンっとハチが入ってきたと大騒ぎ。
忙しくしています。ルーピーハスス。良いものできそうです。photo by tatsu
[PR]
by r-peeps | 2009-05-11 18:29 | Products

アイロン

叔母から念願の工業用アイロンを頂いた。
アトリエを構えていた叔母はこの道 ウン十年のプロである。
そんな人から道具を譲り受けると ピシっ!っと心が引き締まる思いである。
輪をかけてにhasqvarnaのミシンも頂いた。
使いこなすには1年はかかるか。。。

本日、秋冬の第一弾が入荷。順次発送いたします。少々お待ち下さい。


b0134291_10152969.jpg

[PR]
by r-peeps | 2008-09-23 10:15 | Products

serial number 001

来年の夏に向けて。サーフトランクスのサンプルを作りました。

以前からずーっと考えていました。「服」においての「自給」と「持続」いうテーマ。どうしても型にしたかった。ちょっと真面目に。

「自給」・・・・なるべく国内ですべてまかなう。(メイド イン 鴨川にこだわる)要するに我々の手によって縫う。そうする事で何も制約を受けずこだわった物作りができる。
「持続」・・・・丈夫で10年は着れる物。修理が可能な物。ファッションには左右されない物。

そしてなんとなく現代人(私含め)が失った、手を使って物を作るってのを思い出したいと思っています。

って事で1年がかりで始めようと思っています。
(去年から言ってっから2年だな)
今、オックンがテストしています。結果はまぁまぁ。
色々こだわってますが、すでに修正点が富士山級に山積みです。
完成度は30%位でまだまだです。
特殊ミシンや道具ももう少しそろえたい所です。
とはいっても色々こだわった、嬉し恥ずかし記念すべき第一号です。
これから1年。研究していこうと思ってます。という事で、たまには真面目に考えているわけです。いろいろと。
ちなみに縫製はmizue。デザイン、パターンは私です。
あっ 裁断、プレスも。

標高800mまでのアウトドアウエアのルーピーか考えた水で遊べるウエア。川でも海
でも湖でも、水有る所はどこにでも。って事で自給、持続の型がまずこのトランクスです。

b0134291_1923686.jpg

[PR]
by r-peeps | 2008-09-02 19:13 | Products

最近の仕事

これは最近の気合いの一品です。
みなしごキャッツ達のトイレ建設。
写真はとろろ(enishi邸に嫁ぎます)。初めての経験でドキドキです。
用が済んだら急いで出て行きます。
<特徴>
廃材となるダンボールを再利用。。。。
出入りがしやすい様入り口は傾斜にしました。。。。(バリアフリー)
気持ちが盛り上がる様にサインを描きました。。。。。
太陽光のエネルギーを浴びながら快適に済ませる様、窓際に設置。。。。。
いっぺんに3匹まで入れるゆとり!。。。。
フンは取り出し後はマタタビの肥料に。。。。嘘。

ショップ建設は今日から基礎工事。
里親募集しています。
b0134291_8215541.jpg
b0134291_822726.jpg

[PR]
by r-peeps | 2008-07-24 08:23 | Products

縁の下の力持ち

目立たない地味〜な存在。
でもいないと成り立たない程、困る。野球で言えば8番ライト?違うか。
アウトドア的ウエアはそんな地味〜な奴が結構いたりする。
これはアパレル用語で「パッキン」といって
ドット釦や金属ハトメの補強に使います。これがないと生地が広がり
とれてしまいます。
本来なら脚光を浴びてもらいたいとこですが、
その姿はほとんど見えません。かわいそうに。
そしてこういう目立たない資材はやはり日本製が良く、
こうやって中国に送り込まれるのです。

そして地味〜に仕分けする地味〜な仕事もしているわけです。

b0134291_1184024.jpg


仔猫ちゃんいりませんか? 里親某集中!どうか愛の手を!詳細はSHOP BLOG→
[PR]
by r-peeps | 2008-07-01 11:09 | Products