ブログトップ

rulezpeeps / designer マロンの日々想ふコト。

greenpeeps.exblog.jp

無題


ルールズピープスが考える一つの要素として、「原料と糸」がよければ余計な味付けはいらない。
しっかりとした縫製ときやすいパターンさえ気をつければ、長く着れるアイテムになる。
そこで重要なのは原料を操り、目的に沿った糸を作れる知識と経験がある人だった。
僕らは最初にオリジナルの糸を開発したのオーガニックコットン・ヘンプ・シルクという糸だった。
確か2011年だったかな。ヘンプとシルク。強度も剛性も違う糸。それをどのように組み合わせ糸にするかは僕らが想像してもわからない領域です。
そして24COTTONのオリジナル杢糸やスマイルウールの表に使っている杢などが生まれる事になった。
これらはこの道50年の職人の手によって実現しました。おそらく短繊維の糸をいじらせたら日本一の大職人。

「糸作り、もっと言えば繊維は農業なんだよね。同じ繊維でも毎年違う。だからその都度変えていかなくちゃいけないんだよ。」

ややもすればアパレルが軽く見られる時代、風潮。
物作りの奥深さを教わりました。

「本間さん どうですか?」と出来上がったTシャツを見せると嬉しそうに愛する我が子のように撫でていた。
会社も一度退職したのだが、どうしてもその経験と技術が必要で呼び戻したらしい。
その時、どこ探してもいらっしゃらず、パチンコ屋でようやく見つけたらしい。
家に帰って、ビールとタバコと野球観戦が毎日の楽しみだったという人間臭い方。
なんとなくその懐の広さは口に出さずとも感じとれた。
2013年のこの記事をもう一度見ている。

読んだ方、まだ読んでいない方、もう一度読んでもらいたい。

ご冥福をお祈りします。
そして、ありがとうございました。
いつかまた。

b0134291_17443841.jpg



[PR]
by r-peeps | 2017-04-13 17:50
Organic cotton >>