ブログトップ

rulezpeeps / designer マロンの日々想ふコト。

greenpeeps.exblog.jp

Organic cotton

2003年に立ち上げたrulezpeeps。
現在、14年が経ち、いろんあ意味で大きな変換期を向かえている気がします。
我々はサーファーで、毎日海をに入れる環境を求めて鴨川に移住しました。
同時に同じ志の人たちと共感も得て、海、山、問わずたくさんの友人ができました。
いわゆる自然狂酔者たちです。
私たちは日々移り変わる自然の一期一会に狂喜し、時には落胆し、厳しさを教えられ、自然の摂理の中で生きてきました。
そして自然の深さやありがたさを学ぶわけです。
このようなジャンキー達は自分が海や山に関わることを第一に生活の大部分を自然に合わせ暮らしています。
そのような人間は自然の変化には非常に敏感です。
その一方、我々メーカーは大小に関わらず、間違いなくゴミを排出し、金銭と代替えとして自然を汚す第一人者になっているのも事実です。
1980年代後半からパタゴニアは農薬を大量に使い続ける通常?のコットン栽培の現状に気がつきコットン製品をすべてオーガニックコットンに変える決断をしました。これは同じ立場で考えると大変な勇気ある決断であり、遅れること約30年。
ルールズピープスも大きな舵をきます。この春より在庫以外(生地在庫含む)のコットン製品はすべてオーガニックコットン(一部オーガニックコットン混)に変換しています。そして売り上げの1%を地球環境NPO団体に寄付する「1% FOR THE PLANET」に加入しました。http://www.onepercentfortheplanet.org
正直、現在のアパレル不況と言われる中、我々のような小さなメーカーはこの決断には非常に勇気のいる事でした。
さらにアパレル業界の慣習的アプローチも現在見直しています。
オーガニックコットンに関しては背景含めて、まだまだ書ききれない事が山ほどありますが、それはまた後日に。

そんな中で今季初のオーガニックコットンのパーカーがリリースしました。

薄手のパイルで作ったパーカーです。
これから夏まで朝晩涼しい時に役にたつ着心地がいいパーカーです。
http://dp00006880.shop-pro.jp/?pid=115436337
桜がぼちぼち開花してきました。
自然の一期一会を楽しみましょう。

b0134291_11540524.jpg











[PR]
# by r-peeps | 2017-03-26 11:56

価値。

皆さん、洋服って簡単に作れると思ってないでしょうか?
Tシャツなんてとくに思ってないでしょうか?
実は洋服っすごいんですよ。
昔から洋服は知恵と努力の結晶でここまで進歩してきました。
ファッションはさておき、洋服の起源、それはまさに機能からです。
寒くないように。雨をしのげるように。昆虫などから身を守るように。
様々な機能を発端に洋服は形付けられてきました。
そして生活様式が「スタイル」となって発展してきたのです。
そこには、その生活様式に関係する「必然」からデザインが生まれています。

今回リリースされたビーチバムジャケット。
こちらの「必然」は春から夏に一日中ビーチにいる事を前提にデザインされています。
たんなる防水性が高いヤッケではありません。
汗ばんだ肌や海あがりの肌に気持ち良く対応できるように、一枚ものでありながら
袖と首部分、ようするにTシャツから直接肌に触れる部分も
吸汗速乾トリコットを使用しています。こちらは肌さわりだけでなく機能的にも優れています。
インナーは薄手を前提にしていますから、縫い代はロック始末で肌に触れる事なく折伏せやパイピング始末を多用しています。
表のデザインは70年代当時のサーフバムカルチャーを意識したちょっと古臭い匂い、スタイルをベースにデザインされています。
もちろん海で雨や風を凌ぐのですからキャンプなどにも対応できます。

ずっと海にいたい。自然と関わっていたい。そんな方に着てもらいたい一枚です。

b0134291_11463583.jpg




[PR]
# by r-peeps | 2017-03-03 13:56

Yurihonjou vives

2年ぶりび由利本荘に行った。
予想通り秋田自動車道は時々、ホワイトアウト。
寒気が降りてきている。

いつも思う。

アットムーンのパワーと明るさに癒される。
なんだろうな。
この町を愛している感がすごい。心地よい。
日本海に面した。背後には鳥海山。
雪も豊富で酒もうまい。

この日は今期のベストだったそう。
あいかわらず持っているぞ。
小さくコンパクトにいろいろな地形を持っている矢島スキー場。
彼らのホームである。最高な経験をさせてもらった。
春にまた来よう。
工藤さん、ひとみさん、そしてアットムーンクルーも皆様ありがとう。

b0134291_11030397.jpg
b0134291_11032763.jpg
派手なスプレーを飛ばす工藤さん。

b0134291_11033454.jpg
b0134291_11033282.jpg



[PR]
# by r-peeps | 2017-02-20 11:11

Niseko tour

雪と波。
山と海。
楽と苦。
白と青。
厳しい環境でも、目の前にあるその物すべてを受け止める。
そして楽しむ。
まだまだ知らない世界ばかり。
経験してみなければわからない事ばかり。
何かにたどり着くにはそれなりの犠牲や苦しみがついてくる。
そんなもんだ。
雪と波。一瞬で消えてしまう自然の摂理。
一期一会。
だからこそその一瞬を思いっきり楽しもう。
また行きます。ありがとう。
b0134291_15074897.jpg
b0134291_15093163.jpg
b0134291_16451575.jpg

b0134291_15052150.jpg
b0134291_15101228.jpg
b0134291_15104859.jpg
b0134291_15112829.jpg
b0134291_15095300.jpg
b0134291_15173717.jpg











[PR]
# by r-peeps | 2017-02-06 15:12

Rulezpeeps Trunk Show @JAU Himeji



久しぶりです。
気がついたら年が明けてました。遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
正月明け早々から福岡の海に行き、湘南〜名古屋とまわり、その後は姫路のJAUさんに。
目的はTRUNK SHOW。今月は鴨川に15日しか入られませんでした。
忙しい事はなにより。人に会い、話し、感じて、思って、笑って、感動して、記憶する。
通常のアパレルのやり方やコレクションベースの考え方や展示会。必要とされる物は何か。
それを一つ一つ確認しながら色々な出会いや再会を楽しんでいる。
その時間が今の僕にとても重要だと感じる。

大寒波がかさなり、雪の心配(かなり期待? 笑)もあったが、無事2日間をたくさんのお客様に来ていただき、
とても有意義な2日間となりました。そして僕にとってはリベンジ奥神鍋。
予想通り姫路クルー達が集うパウダーセッション。最高な時間でした。滑りに対しては・・・・置いておきましょう。
楽しむ事が一番ですから。
JAUの門口夫妻&スタッフの方々、姫路ローカルの方々、ありがとうございました。

b0134291_16074751.jpg
b0134291_16075384.jpg
b0134291_16075961.jpg
b0134291_16080584.jpg
  
b0134291_16081070.jpg
b0134291_16081675.jpg
b0134291_16082125.jpg



[PR]
# by r-peeps | 2017-01-22 16:09

Rulezpeeps Trunk Show

Rulezpeeps Trunk Show @ Outdoor Cafe SPROUT.
皆様のご協力のもと無事に終える事ができました。
本当に楽しかったし、刺激をもらえました。
僕は15年前にサーフィンのために鴨川に引越してきました。
そして、近頃はスノーのためにニセコにきている。
サーフィンは30年以上関わっているが、スノーボードはまだ3年目。
それでも最初の頃に比べると、多少なりとも滑れる(いや、降りれる。。。)ようになり、
サーフィンに近いボードと雪が交あう感覚をとても楽しんでいる。
ここニセコもスノーがしたくて、大自然と遊びたくて、自然のリズムを感じたくて、主流の日本人の、主流の人生とは違う生き方をチョイスした人々がいる。
このような方々が多く住む土地で開催させていただいた事は、今後のルールズピープスの方向性を示唆するものであり、大変意味のある事だと思っている。
暮らしに根付き、遊びに根付き、自然に根付き、
そのような人々の価値観を大事にするウエアをこの日本で作る事は、
場所が違えど本質の部分で必ず合致すると思っている。
また来月お伺いします。
すべてに感謝です。
b0134291_12491152.jpg

b0134291_12485755.jpg

b0134291_1249185.jpg

b0134291_12501198.jpg

b0134291_1249367.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2016-12-13 12:51

Trunk Show in Niseko.

この度、トランクショーと称してrulezpeeps(ルールズピープス)が北海道
へ上陸します。
ここ最近は毎年何回かこの地を訪れている。
訪れるたびに、どんどん好きになる自分がいます。
そんな土地でこのようなイベントを開催できる事はとても嬉しく
今回はどんな出会いがあるのかとても楽しみです。
7日から現地に入りますので皆様、よろしくお願いします!
b0134291_11273638.jpg

b0134291_1127494.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2016-11-23 11:28

命を守る繊維。

今日は西高東低の冬型。
数日前はTシャツでOKだったここ鴨川もぐっと冷え込んできました。
初冠雪が多方面から聞こえてきましたね。
スノーシーズンもあとわずか。浮き足立ってきました。
僕は今年、ドライスーツを作ったのでテストしなくてはいけません。(立派な義務感)
それとアンバサダーのニセコに住んでいるSHINOちゃんや秋田のディーラーさん達は真冬でもスノー&サーフしています。そんな暮らしをほんの少しだけ垣間見れればいいなと思ってます。
僕の頭の中の妄想としては
パウダースノー  → 優しいポイントブレイク → 鍋かカニ おいしいお酒 → 温泉 →最高!
こんな感じですが。
でも考えれば考えるほど、ドルフィンとか無理ですから。絶対嫌です。笑
オンショアの頭オーバーとか拒絶しますから。
冬でもブーツをはくかどうかの南国もやしっ子がはたして大丈夫なんでしょうか?
度胸と根性を試されるのでしょうか。。。。。。それとも楽園を経験できるでしょうか。

b0134291_17121463.jpg


ところで、これからの季節は雪山や海に行くのもウエアのチョイスが重要ですね。
なにせ寒かったら風邪ひいちゃいます。具合悪くなっちゃいます。
先日、繊維の学者レベルの染工場の社長とお話をしました。
その方はかなりの研究をしている超絶オタク的知識の持ち主なんです。
その方の部屋(社長室)はまるで理科の実験室のような部屋でした。
そんな方が面白い目から鱗な話をしてくれました。

すでにアウトドアでは認識の高い「ウールの有用性」ですが、実は本質的な事はあまり知られていません。
「なぜ?そんなにウールがいいのか?」。。 なぜ夏でも冬でもいいのか?そんな単純で本質に迫る疑問。構造や機能はわかるけど。
超絶オタク博士にとってはそんなのなぜわからないの?ぐらいの事なんですが。
その博士は待ってましたの一言。。「そんなの当たり前ですよ。毛は皮膚の一部でヒツジは外からの菌や温度から命を守る一番最初の砦ですよ」 と。「シルクだってそうですよ。マユは蚕さんがサナギになって快適に暮らすために言ってみれば室内環境を一定に保ち、外からくる菌や湿気から守ってくれているんです。カビも生えないでしょ」。おー なるほど! そりゃそうだ。
これは例えばポリエステルやナイロンなどのいわゆる合繊では絶対にできない事なんです。
ウールやシルクのような複雑な構造は絶対にできません。

b0134291_17141074.gif


僕の尊敬する建築家、フンデルト・ヴァッサーは「洋服は第二の皮膚」といいます。「家は第三の皮膚」。
彼は衣服と住居は皮膚の一部と捉えています。
ですから非常に機能的で、有機的な事が人間にとって最もふさわしい構造だと。

b0134291_17152245.jpg

b0134291_1716577.jpg


ただ、デメリットもあります。最大のデメリットは「縮む」という事なんです。
そこから人間が手を加えるんですが、最も一般的な方法は「塩素」を使った防縮方法なんです。
これはウールのキューティクルであるスケールを取り除く加工です。
するとウールの機能は間違いなく低下します。
スマイルウールはウール自体の性能を最大限引き出す、オゾンによる防縮方法で この問題をクリアし、環境にも負荷をかけません。なんだか誇らしげです。気持ちいいです。

そんなスマイルウールですがいろいろなスタイルでリリースされています。
その中の一つ。初リリースから安定の人気のフーディー。
今季は新しく丈夫でウール分量が多くなった12ゲージシリーズが注目です。
これからの季節。雪や海水で冷えた体を「命を守る繊維」で快適に過ごしましょう。

KEEP PADDLING ! ENJOY WINTER!
[PR]
# by r-peeps | 2016-10-30 16:50 | Products

身だしなみ

掃除をするのは単に綺麗にするだけではなく、「気」を入れる事だと教わりました。
「気」を入れると言うには、すなわち「気持ちを入れる」という事で、その行為はそこを見る人、や自分自身
に「気持ち」入れ、気持ち良く思ってもらう為である。

トイレの神様の一節 。「トイレにはそれはそれはキレイな女神様がいるんやで。だから毎日キレイにしたら女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで」

いい歌ですね。

見えないところを一生懸命に気を入れるとその人自身が美しく、心も成長する。トイう大切さを歌ってます。とてもキレイですね。

さて、話は変わって、男臭さ満載の代表とも言える昔の武士はどうだったでしょうか。
身なりなど気にせず、頭もボサボサで刀を振り回しているイメージですが。
ところが身なりに大変気を使っていたようです。
彼らは常に「死」そして、関係する「相手」を意識していたようで、いつ死ぬかわからないこそ、いつ死んでも恥ずかしくないように身を美しく保つ事をしていたようです。朝風呂に入り、髪に油と香水。爪をとぎ、長さまでこだわっていたようです。 これが最後だと接しているからこそ、最後だという気持ちで人に接して、見えないところ、見られていないところに「気」を入れていたそうです。
なんと切腹の時は唇に紅をさして、相手に気を使っていました。
日本人の心ですね。
それは「死」に対して美学ともいう事でしょうか。 最近のオシャレ草食系男子とはちょっと違う気がしますが、やっている事は同じなのです。結構バカにできません。
相手に不快感を与えない表面的な事から、精神的には見えないところ、見られていないところに「気」を入れ、自らを厳しく律し、自己にも他者にも恥じない自分作りに日夜励んでいたようです。
スーパーストイックですね。

話が長くなりましたが、見られていないところこそ「気」を入れ、自分磨きでパウダーや旅に埋もれる。
こんなパンツをはいて。どうでしょうか?
隠れた定番アイテム。スマイルウールアンダーパンツです。日常からスノー、アウトドアなどどこでも「気」を入れられます 笑

b0134291_20211576.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2016-10-16 18:25

尾州地区

アイデアは現場にある。
という事で今日は尾州地区へ行きました。
尾州といえば昔も今もウール物の織物や染色の産地。
昭和40年頃までは街じゅうに織物の織機の音が鳴り響いていたそうです。
その頃から比べ、いまでは10分の1に繊維関係工場は減ってしまいました。
が、しかし!!! そんな時代だからこそ、現代でも営んでいる方々は工夫と情熱で多くの困難を乗り越えてきたわけです。そこにはそれ相応の理由があるわけで、今回行った先の撚糸屋さんと染工場さんにもあるはあるは!アイデアの宝庫!宝の山!
撚糸屋さんと言っても、そこは並行して製品のニッティングも行っていて、ホールガーメント(無縫製)も含めて、最新の編機が入ってます。秋冬のビーニー などはこちらでお世話になってます。ここは元々は撚糸屋産だから、糸の組み合わせ次第ではアイデアは無限大なわけです。とても面白い物ができそうですが、あまりのアイデアの多さに僕らの頭の整理の方がまずは大切のように感じました。30年近く洋服に関わっていますが、まだまだ奥が深く、面白い事が山ほどあります。 次に行ったのが染色工場。ここの社長はとてもインテリジェンス溢れる方でした。学者のように繊維の知識が豊富で、聞いていてあきない話ばかりでした。改めて洋服の本質と天然繊維の素晴らしさを認識しました。 整理してまた書きますね。とにかく勉強になった1日でした。

b0134291_21391076.jpg

b0134291_2139124.jpg

b0134291_21394756.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2016-10-04 16:47

SUP イベントやります!キッズも大歓迎です!

b0134291_12272924.jpg

b0134291_12345090.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2016-09-30 12:28

スマイルウールの話。

僕は日本中いろいろな所を旅します。ルールズピープスのアンバサダー達は私以上に旅をします。
もちろん仕事の時も多いのですが、
最近では年甲斐もなくサーフィンの大会なんぞにチャレンジしておりまして(これがまた面白い)、
北は仙台から南は宮崎まで行っています。
そして、シーズンオフの冬は、スノーボードでニセコなんかにも出没します。
そんな時に必ず着ていくのがスマイルウールのTシャツ。1週間の旅でも2枚ぐらいしか持っていきません。
なるべく荷物を減らして、余計な事を考えなくても済むようにするんです。
スマイルウールはずっと着てても臭わないし、軽いし、汗をかいてもへっちゃらなんです(女子には内緒ですが 笑)。
オゾン防縮したメリノウールは、本当に最高な着心地と
快適なアウトドアライフ、そして旅を支えてくれること間違いなしです。
アウトドアに精通しているみなさんは、今更メリノウールのうんちくをあーだこーだと並べなくても、
たくさんの情報が行き交っている昨今、すでに多くを知っているかもしれませんね。

ところで、このスマイルウール。快適さや機能性の裏側に
僕らの思想や希望がたっぷりと詰まっているんです。
近年、私たちは「脱・ファッション宣言」をしています(同時に結構ビビっています 笑)。
つまり、ファッション=流行という構図に疑問を投げかけようとしています。
一過性のファッションとおさらばすることで、本当に必要なものへの探求が始まります。
消費一辺倒、「流行が終わったら捨てる」という世界とさよならして、
「考えられるすべてをそぎ落としたものに本質が宿る」と語られるように、
本当に必要なものを長く着られるよう工夫を重ねて、
環境とか経済とかの正しい循環をも目指して生まれたのが、このスマイルウールという希望なんです。

さて、一般的にウール最大のデメリットは「縮む」という点です。
それを解決したスマイルウールのオゾン防縮はまた、従来の塩素防縮と比べて自然環境に負荷をかけずに、
ウール本来の性能を100%保持しています。
そして、僕らはよくこうも言っています。「これは着替えなくてもいいTシャツだ」と。
素晴らしい消臭効果と速乾性で、数日にわたって着続けられることを約束してくれます(好みはありますが)。
極端な話、旅などで洗濯がしづらい環境において、
洗濯に使う水を得ることや時間、労力、手間なんかをすべて省く事が可能なんです。
さらに、このRULEZPEEPSすべての製品が日本国内で作られており、
もともと日本にあったローカリゼーションに基づいた経済活動を支えていきたいとも思っています。

まあいろいろと書きましたが、スマイルウールは「シンプルに」、よりシンプルに生きるという事に
つながっていくアイテムなんです。それが、「考えられるすべてをそぎ落としたものに本質が宿る」ということ?
だとすると、僕らの「本質」って?? ……そうなんです。深い自然の中でそのリズムと共鳴してシンプルに生きていく事。
これなんじゃないでしょうか。その時に本当に必要なアイテム。これ一枚で事が足りてしまうアイテム。
スマイルウールは、こういう位置付けで生まれたアイテムなんです。
僕はこんな感じで日々を暮らしていたいと思っています。
素晴らしい日本の四季を楽しみましょう。
               
[PR]
# by r-peeps | 2016-09-26 14:12

お久しぶりです。

久しぶりの投稿です。
一年半ぶりになるようです。
その間、相変わらず波にのり、最近では雪の波にのり、キャロルが天国に行き、会社も紆余曲折あり、大会に再チャレンジしたり、ルーピーハウスにウッドデッキができたり、この間の台風で雨漏りしたり、とにかくいろいろ喜怒哀楽、人生楽しんでおります。

もうすぐ我がRULEZPEEPSのホームページも初めてリニュアルをするという事もあり、
すべて初心に戻りブログに向き合おうかと思っています。
思えばなんでブログを1年半も休んでしまったのか。。。。。。。
FACEBOOK INSTAGLAM など など。
SNSのスピードと情報量の多さに、なれずにそして「いいね!」のどことなく軽薄な受け答えに少し戸惑っていたのでしょうか? もちろん僕も「いいね!」はたくさん押しましたし、現在も押してます(笑)
どことなくスルー感のあるSNSに対して、ブログは一昔前の情報発信手段のように思えてきたのか。
さらにSNSのその手軽さゆえに、めんどくさくなってしまったのか。
誤解がないように言っておくと、SNSを否定しているのではありません。有効に活用すれば素晴らしいシステムだと思ってます。
とにかくいろんな思いが交錯しブログから遠ざかっていました。
しかしながらこの時代だからこそ、しっかりと伝えなくてはいけない事が山ほどあり、まったく伝えきれていない自分もいます。そんなわけで、まだまだ表現のひとつとして、この私的ブログはやはり僕自身を見直す点でも必要かと感じました。ホームページのリニュアルもあり、意を決して(そんな大げさではないですが)適度に「日頃の思い」を発信していきたいと思っております。もう少々おつきあいくださいませ。

いろいろな方と出会い、自然と遊び、学ばせてもらっている今の人生にとても感謝しています。

そして皆様の笑顔が継続できるように今後もよろしくおねがいします!
[PR]
# by r-peeps | 2016-09-12 13:57 | 日々のつぶやき

工場まわり

昨日は中部地区の工場を駆け足に3件まわりました。
その中の岐阜のとある工場です。
新しい企画が始まります。
やはり現場はアイデアの宝庫。
b0134291_15504788.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2015-03-21 15:51

SNOWSURF

南から低気圧が関東の南岸を通過。
僕らが住むビーチに冬のうねりを届けてくれた。
その低気圧はアリューシャン沖に発達しながら冬型の天気になり、
日本海からの水蒸気がニセコに雪となり、極上のパウダーをもたらす。
そしてその低気圧はやがて日本から約6000kmにあるハワイ諸島の北エリアにビックウエーブが届く。
すべて関係している。

b0134291_172661.jpg


まるでサーフィン。
すべてがそう感じた。
自然との関わり、乗り方。
パウダーに埋もれ、壁を波に見立てる。
正直、スノーボードは3回目。しかも過去2回は20年以上前。
なのにすべてイメージできる。
僕らは夢中に雪(波)と遊んだ。ワイプアウトもたくさんした。そしてたくさん笑った。

b0134291_1724862.jpg


3日間後、ホームに帰るとまた新たなうねりが入っていた。
その北よりのうねりは久しぶりにホームにグッドウエイブをもたらしていた。
僕は正直疲れていて風邪気味。
いい波だが、まったく入る気がしなかった。
きっと、その前にたっぷりとサーフィンしてきたからかもしれない。

b0134291_1734685.jpg



疲れがとれたら目の前の波にまた乗ろう。

JAU&SPROUTの皆様ありがとうございます。あたらしい扉を開いてくれました。感謝です。


b0134291_1743813.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2015-01-26 17:05

この気持ち。

昨日、新しいアイテムの開発で都内のある工場に出向き、
そこの社長と物作りに関して、色々お話をさせて頂いた。
そこには何も言わずも分かり合える、熱いパッションがあり
技術はもちろん、「誠実な物作り」と「よりいい物を」という向上心がかいま見る会話をさせて頂き、
とても勉強になったし、なによりやはり楽しく、面白く、気持ちが前を向く。
なんだろな。やっぱりいいなこの感覚。
ドキドキ。ワクワク。
日本人のDNAに流れる、何か?なのかな。
この気持ち。
と忘備録の為にとりあえず書き留めておこう。
[PR]
# by r-peeps | 2014-12-12 12:11

また、

いい感じに上がってきた。
これがあるから生地作りはやめられない。
こいつに出会うためにあーでもない、こーでもない、とやっている。
b0134291_1459417.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2014-10-30 14:59

毎日、海に入れる環境を求めて。

この地にやってきた。
この年で毎日入ると少々疲れがたまる。笑
年間300日以上は波乗りできる海。
その分だけいつもパワーをもらっている。
健康でシンプルな生活。本当に感謝。
ありがとー。

b0134291_16375721.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2014-10-17 16:37

夕方の光が冬っぽくなってきた。

b0134291_11212086.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2014-10-09 11:22

台風一過の夕方。目の前の海。

たぶんダブルくらい。
明日はできるね。自然はすごい。
b0134291_17154452.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2014-10-06 17:19

ONE CALIFORNIA DAY&FISHFRY

台風の行列ができています。
只今先頭のファンフォン君が近づいてます。
被害は最小でお願いします。
そして明日はウネリを待ちたいと思います。
ところで今週の日曜日はONE CALIFORNIA DAYに出店します。
FISHFRYも開催。とても楽しいイベントです。
盛り上がる事間違いありません。
ルーピーブースは秋冬物のサンプル&B品を出品します。
1点物ばかりなので、お早めにお越し下さい。ちなみに入場無料です。
なのでどうか晴れて下さい。お願いします。
b0134291_148542.jpg

b0134291_1485928.png

[PR]
# by r-peeps | 2014-10-03 14:16

Smile Wool ”ウールのチカラ”

b0134291_10453256.jpg


今年もバージョンアップしてスマイルウールが入荷します。
オゾンによって防縮加工された、メリノウールの心地よさ。
一度経験したらやみつきです。
[PR]
# by r-peeps | 2014-08-18 10:48

Sup scoooool!! by UMITOYAMA

久しぶりの更新ですが。
その間も色々とありました。
先日は九州に出張やらカプセルショーNYCの準備やらでドタバタしていましたが
相変わらず、波乗りはしてますし、遊んでます。

太陽、芝生の緑、青い海、静かな海、さざ波の音、熱帯魚・・・・・
なんとなくまどろんだ感のある匂いと遠くに聞こえる子供の声、笑い声。
まるで夏休み。童心に帰る瞬間。
静かに進むスタンドアップパドル。
極上の海上散歩。すべてがとろけそうです。

今回はプロサーファーのヤス君が営むUMITOYAMAでお世話になりました。
b0134291_10401969.jpg


素晴らしいロケーション。
b0134291_10395987.jpg


マスクとシュノーケリングを選んで。
b0134291_10395536.jpg


STOKE SHORTSもばっちり!
b0134291_103935100.jpg


準備体操して。
b0134291_1040295.jpg


出発! 最初は座ってスタート、でもすぐにになれて皆さん立って漕ぎ出します。
b0134291_10395525.jpg


ミチオ氏 立てるのか!?
b0134291_10395480.jpg


片足出して!
b0134291_10392219.jpg


ドボーン!! 
b0134291_10391856.jpg


最高な笑顔!
b0134291_10391341.jpg


潜ったり。
b0134291_1039813.jpg


b0134291_103963.jpg


カメラを撮ったり。
b0134291_1039335.jpg


トンネルくぐったり。
b0134291_1039054.jpg

寝てみたり。まるで夏休み。
b0134291_10385717.jpg


波がある海もいいけど、静かな海も楽しいです。
とろけそうな瞬間を求めて、またやります。
さぁ みなさん夏ですよ。海にくりだしましょう!
ヤス先生ありがとう! 次回も引き続きお願いします!
[PR]
# by r-peeps | 2014-07-26 10:40

Tenkara

海もいいけど山もいい。実感。
初めてのテンカラ。これは手強い。
でもこのシンプルな釣法はシンプルだからこそ奥が深いような気がする。
「気がする」というのはまだ何も分かってないから。
これまた哲学系か?と感じてしまう。

逃がしたサカナはでかい。。。とは良く言ったもの。
僕は1バラシのみ。
釣れたのは女子。男全滅。
笑ってしまいます。

初めての場所で初めての遊び。それだけで冒険になる。
大雨がふったり、カミナリがなったり、川にはいったり、魚を逃がしたり。山を登ったり。
次の冒険は???  
いつにしようか?

b0134291_1683427.jpg

b0134291_1692938.jpg

b0134291_1684557.jpg

b0134291_1685359.jpg

b0134291_1685581.jpg

b0134291_1685914.jpg

b0134291_169118.jpg

b0134291_169326.jpg

b0134291_169580.jpg

b0134291_169753.jpg

b0134291_169938.jpg

b0134291_1691174.jpg

b0134291_1691339.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2014-06-27 16:24

水と緑の街

今回はビックブラの住むシアトルを拠点としました。
シアトルはものすごくきれいな街でした。
水に囲まれ、緑に囲まれ、とても豊かな暮らしが根付いているように感じました。
小学校に行ったり、ファーマーズマーケット、娘さんのバレエの発表会など。
ちょっとしたホームステイでした。
ビックブラ&ファミリーありがとうございました。

b0134291_10123839.jpg

b0134291_1012346.jpg

b0134291_10122947.jpg

b0134291_10122686.jpg

b0134291_1012219.jpg

b0134291_10121553.jpg

b0134291_10121172.jpg

b0134291_1012613.jpg

b0134291_10115829.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2014-06-22 10:13

住処。

どんな家に住みたいか。。。。。も確かに重要だが、
どんな場所に住みたいか。。。。。。の方が僕の場合は重要。
だから鴨川に住んでいる。そしてその環境でできる事に注力を注いでいるつもりです。
別に浮世離れした人生に憧れているわけでもないし、特別な事でもない。
でも、もっといえば「どんな場所」より重要なのは。。。。どう暮らしたいか。これはさらに重要だと思うのです。


OREGONのマークさんの住処。

b0134291_17274454.jpg

b0134291_17273683.jpg

b0134291_17273271.jpg

b0134291_17272616.jpg

b0134291_17272239.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2014-06-21 17:27

Oregon Coast

仕事の打ち合わせの為にシアトルにいきました。
お世話になったビックブラもサーファーなので
オレゴンにサーフしに行く事に。
b0134291_1642188.jpg

マウントレイニアを目の前にフーリーウェイを西に向かいます。景色が雄大すぎます。
b0134291_16421594.jpg

コロンビア川を超えるとオレゴン!
b0134291_1642966.jpg

オレゴンから見たワシントン州の風景。とても奇麗な街です。
b0134291_1642576.jpg

約4時間のドライブ。ここはグーフィーのポイントブレイク。今回はタイミングが合いませんでしたが。
b0134291_1642174.jpg

手つかずな広大なビーチ。
b0134291_16415710.jpg

そこらじゅうにあるトレイルコース。
b0134291_16415351.jpg

ビーチに向かうのもトレイルしないと行けません。
b0134291_16414615.jpg

岬に囲まれたとても奇麗なビーチで。
とても時間がゆっくり流れていました。
カリフォルニアのような華やかさもなく、どこなく影と光がはっきりしている雰囲気。
手つかずな自然。水は冷たく、その冷たさが人を寄せ付けない威厳さが溢れていました。
そして冬には18ft+のビックウエーブが押し寄せます。
ここのローカルの待ち望んでいる波です。
もちろん完全防寒。ありえないほどタフな人達です。
たまには冷たい海もいいかなと思い、想像しましたが
すぐさまかき消しました。やっぱり僕には無理そうです。
ビックブラには何から何まで本当にお世話になりました。
Thank you for everything. Big bro!! 
[PR]
# by r-peeps | 2014-06-19 16:42

脱ファッション宣言


脱ファッション宣言をいたします。
ファッション=流行でして、かっこいい、かわいいとは違います。
なのでかっこいい物は作っていきたいと思っておりますが、
流行を追いかけて、物作りはしません。

本質はあくまでも長く着れて、肌触りがよく、日本製で、なるべく環境や人間に負荷をかけず、
物作りを続けたいと思っています。

ファッションを着るのではなく、洋服が語るのではなく、その人の個性が輝くようお手伝いができるようなシンプルでかっこいい洋服を。長く、愛着を持って着れるよう。

あらためて最近思いました。

b0134291_1443196.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2014-06-09 17:25

COUVERTURE & THE GARBSTORE

ロンドンとLAに展開しているGARBSTORE。
この夏よりRulezpeepsの展開がスタートしました。

The garbstore(ザ ガーブストア)
真の価値・ルーツ・そして耳を傾けるべき教訓

デザイナー Ian Paley(イアン・ペイリー)氏は「ポールスミス」のシニアデザイナーとして「R.Newbold」「Paul smith Jeans」のデザイン/クリエイティブ面でマネージングを学んだのち、1998年に自身のブランド「One True Saxon」をスタート。フットボールファンから絶大な支持を受ける。その後2007年にあらたなコンセプトブランドとして「GARBSTORE」を発表。翌08年にはロンドン・ポートベロー地区に旗艦店をオープンする。「真の価値・ルーツ・そして耳を傾けるべき教訓」というキーワードを軸に、彼のクオリティーカジュアルウェアに対する追求と愛が込められたアイテムの数々は、“unfamiliar Vintage(=なじみのないヴィンテージ)”というテーマのもと、上質な素材、端正な縫製、そしてアクセントにヴィンテージパーツやクロスをもちいた、「“これまでにも存在していた”ようなコレクション」を展開する。ベースであるイングリッシュスタイルにフレンチスタイルを取り入れ、洗練されたカジュアルスタイルを提案する。

THE GARBSTORE

b0134291_1144681.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2014-05-19 11:05

24cotton teeの「裏」事情。

24cotton tee。とにかく長くきてもらいたい、最高のteeを作りたいという事でひたすら糸の段階から作り込んだ完全オリジナルの素材。この気持ちよい素材を殺さずに製品にするには「裏」側もこだわらなくて成立しません。ネーム類はすべて衿の裏側にプリントで表現されています。せっかく気持ち良い素材なのに、いざ着たらネームがチクチクするなんて事良くありますよね。
2つ目の裏事情は裏側に肌に触れる縫い糸(主にロックミシンの糸)をコットン100%にしています。
通常はポリエステルが主体ですが、これも天然のナチュラルな着心地を優先するとそうなります。
このように24cottonシリーズには着用テストなどで細かな部分まで追求しています。
ちょっとしたウンチク裏事情でした。
b0134291_12163896.jpg

[PR]
# by r-peeps | 2014-04-29 12:17